デジタルパーマ総合サイト
デジタルパーマFAN」トップ > デジタルパーマのかけ直しと戻し方
Sponsored Link

デジタルパーマのかけ直し

デジタルパーマをかけてみたけど、思ったようにウェーブやカールが出ない、かかりが弱い、そんな時にはデジタルパーマをかけ直すことができます。

デジタルパーマのかけ直し

大抵の美容室やサロンでは、パーマをかけた後の10日〜2週間程度の保証期間(無料でパーマをかけ直したり元の髪にもどしてくれる)を設定しています。一般の良心的なお店なら、保証期間内であれば何度でもデジタルパーマをかけ直してくれるので、かかりが弱いと思ったら早めに相談するかかけ直してもらいましょう。

問題は、かけ直してもちゃんとパーマがかかるか分からないことと、かける度に髪の痛みが増すことです。パーマがかからない(かかりが弱い)原因として考えられるのは、@パーマがかかりにくい髪質である A美容師さんの判断ミスや技術不足 の2つです。

@については何をしてもパーマがかからない髪などは無く、薬剤選定と放置時間の調整次第でパーマはかかります。Aについては美容師さんが毛髪判断を誤り、弱めにパーマをかけてしまったか、単純にやり方が悪かった(薬剤の量や放置時間が適切でなかった)ことが主な原因です。

単純な判断ミスならかけ直しで上手くいきますが、美容師の技術不足なら何度かけても髪を痛めるだけの結果になりかねません。腕が良い、またはパーマのかからない原因を正確に把握できる賢明な美容師のいるお店を、事前に評判などを確認して選ぶことが重要です。

※パーマのかかりが弱い時はかけ直すことができますが、しっかりかかってしまった後はかけ直しはきかないので以下で解説する方法でパーマをとるしかありません

Sponsored Link

デジタルパーマの戻し方・とり方

デジタルパーマは形状記憶力の強いパーマです。一度クセがついてしまうと、パーマをかけ直して他の髪型へのスタイルチェンジは難しいです。

デジタルパーマをとるには

デジタルパーマは縮毛矯正とほぼ同じ施術方法でかけるパーマで、縮毛矯正とは共通性があります。よってデジタルパーマに縮毛矯正をかけて直毛に戻すことができるほか、縮毛矯正をかけた髪にデジタルパーマでパーマをかけることができます(他のパーマでは困難です)。

つまりデジタルパーマでかかったウェーブやカールといったクセを取り除くには縮毛矯正をかけるしかありません。元の髪に戻すのではなく、新たにストレートのクセを付けることになります。

確かにデジタルパーマはとれますが、代わりに縮毛矯正がかかります。結局のところ、この2つのパーマ以外のパーマをかけるには新たに髪が伸びてくるのを待つしかないということになります。

デジタルパーマはふんわりとした自然なウェーブやカールをつけるのは苦手です(不可能ではありません)。こうした質感にしたい時は初めからエアウェーブなどのパーマを選びましょう。、

Sponsored Link

デジタルパーマのかけ直しと戻し方 トップへ