デジタルパーマ総合サイト
デジタルパーマFAN」トップ > デジタルパーマのかけ方・手順
Sponsored Link

デジタルパーマをかける方法・手順について

デジタルパーマのかけ方、やり方について、順を追って具体的に解説します。

デジタルパーマ手順

  1. 毛髪診断
    髪質(太さ、硬さ、クセの強さ)と髪の痛み具合を把握します。これらの程度によってデジタルパーマの温度・湿度、使用する薬剤などを決めます。ここが美容師の経験と技術の見せ所です。この過程を軽視したり、判断を誤ったりするとデジタルパーマのメリットを引き出せず、仕上がりが悪くなります。

  2. 整髪と前処理
    シャンプー後、必要に応じて髪をカットします。髪の痛み具合によってはトリートメントなどの前処理も行います。
  3. パーマ液1剤(還元剤)を髪に塗布
    パーマ剤(還元剤)の作用によって毛髪内のタンパク質構造の一部を切断し、髪にウェーブやカールなどの人工的なクセをつけられる状態にします。
  4. デジタルパーマ方法

  5. ワインディング
    電熱で加熱できる専用ロッドに髪を巻きつけます(ワインディング作業)。希望するウェーブやカールの形状に応じて巻く数・位置・方向・強さを調節します。準備ができたらロッドと元のマシンをコードでつなぎます。

  6. 加温や加湿
    マシンで温度を設定し、ロッドを加熱して髪に熱を伝えます。熱によって髪に形状記憶力を与えます。
    この過程で、加温によってパーマ効果の高まる特殊なパーマ剤を使ったり、スチーマーの蒸気(超微粒子)を髪の内部に浸透させたり、エアウェーブの温風も併用したりすることで、髪の痛みを減らし、仕上がりの髪の質感を変えることができます。

  7. パーマのかかり具合をチェック後、パーマ液1剤(還元剤)洗い流す
  8. デジタルパーマやり方・かけ方

  9. パーマ液2剤(酸化剤)塗布し、放置
    2剤(酸化剤)を髪に塗付することで、毛髪内の切断されたタンパク質構造をつなぎ合わせ髪を元の状態に戻し、更に1剤によってアルカリ性に傾いた髪に酸素を与えて酸性に戻し、痛みを一部補修します。

  10. 2剤を洗い流しロッドを取り外す

  11. 最後にトリートメントとスタイリングをして完了

ここまでの所要時間が約2.5〜3時間になります。デジタルパーマは一般のパーマに比べて結構な長丁場になりますので、時間に余裕を持って体調の良い時におこないましょう。

上記手順の中で最も重要なのは手順1と5です。ここを誤ると、いかにデジタルパーマといえど仕上がりが悪くなってしまいます。パーマのかかりが悪かったり、またはかかりすぎてしまうといったトラブルは、髪質の問題よりも、この過程における美容師の判断ミスや経験不足によるところが殆どです。

デジタルパーマをかける際は、高い技術と豊富な経験を持つ美容師さんに頼むことが大切です。

Sponsored Link

デジタルパーマをかける方法・やり方 トップへ