メンズパーマ「形状記憶パーマ・ホットパーマ」

男の髪型・メンズヘアスタイル
メンズカット メンズパーマ
サブメニューに移動
メンズヘアカタログ ヘアスタイル用語集 サイトマップ

「メンズヘアスタイル」リスト 髪型」トップページ > メンズパーマ一覧(種類別) > 形状記憶パーマホットパーマ
Sponsored Link

形状記憶パーマ・ホットパーマとは

デジタルパーマ
形状記憶パーマ・ホットパーマ

髪に熱を伝えることで形状を記憶させ、ウェーブやカールをかけるパーマを形状記憶パーマ、またはホットパーマと呼びます。
コールドパーマが「第一のパーマ」と呼ばれるのに対し、ホットパーマは「第二のパーマ」とも呼ばれます。

コールドパーマと同じくパーマ液を髪に浸透させた後、ロッドに流す電熱やヘアアイロンの熱によって髪を乾燥させます。この時にクセをつけます。熱が加わった髪はその状態を記憶し、乾いた時に熱した時の状態に戻ろうとします。この形状記憶の性質を利用したものが形状記憶パーマ(ホットパーマ)です。形状記憶パーマでは概ね70℃以上の熱で施術します。

熱によって髪が形状を記憶する原理は、パーマ液と同じく髪のタンパク質の構造変化と関連があるようなのですが、専門的な内容なのでここでは省略します。

形状記憶パーマの種類

ヘアアイロン・コテ

形状記憶パーマ・ホットパーマに分類されるものには、「デジタルパーマ」「アイロンパーマ(コテパーマ)」「アイパー」「アイロンストレートパーマ」「縮毛矯正」などがあります。どれも「熱を使ってパーマをかける」という意味では一緒で、熱を伝える方法、使う道具・機器、クセの形状などが異なります。

  • デジタルパーマ : 髪に巻きつけたロッドから熱を伝えます
  • アイロンパーマ : 丸型アイロンや多角形アイロンで熱を伝えます
  • アイパー : 平型アイロン(平ゴテ)で熱を伝えます
  • 縮毛矯正 : ヘアアイロンで熱を伝えます。直毛状態を記憶させます

形状記憶パーマ・ホットパーマの手順、やり方

形状記憶パーマ・ホットパーマのおおまかな施術手順・やり方を示します。

  1. 整髪(カットやシャンプー) 
  2. 髪にパーマ液1剤(還元剤)を塗布。しばらく放置。
  3. 1剤を洗い流し髪を乾かす
  4. アイロン等で髪に熱を加えながら、ウェーブ、カール、直毛などのクセをつける
  5. 髪にパーマ液2剤(酸化剤)塗布。しばらく放置。
  6. 2剤を洗い流しロッドを取り外す
  7. トリートメントとスタイリング

パーマの種類によっては若干やり方が変わります。

Sponsored Link

形状記憶パーマ・ホットパーマの特徴

形状記憶パーマ・ホットパーマの特徴

【メリット】

  • クセの強い髪にもあたりやすく、パーマの持ちが良い
  • ウェーブやカールが強くしっかりかかる
    →特に強いカール感を出すのに向いている
  • コールドパーマに比べて髪の痛みが少ない
  • 形状記憶力が強く、再現性が高い
    →髪のお手入れ、セット・スタイリングがしやすい。髪を濡らして乾かすだけで元に戻る

【デメリット】

  • 髪の根元にパーマをあてにくく、毛先が傷みやすい
  • 一度かけた後はデザインを変えることが難しい
  • 「ゆるやか」「ふわふわ」「柔らか」といった質感は出しにくい
  • パーマをかけるのに時間がかかる

【その他】

  • 髪が乾くとウェーブやカールが強く表れ、逆に水に濡れるとストレートになる
  • 硬めの質感・手ざわり(弾力性がある)。
  • 大きなカールが作れる

※他の種類のパーマと特徴を比較したい場合は「パーマの分類と特徴」をご覧ください。

Sponsored Link

メンズパーマ「形状記憶パーマ・ホットパーマ」 トップへ