メンズパーマ「ストレートパーマ(ストパー)」

男の髪型・メンズヘアスタイル
メンズカット メンズパーマ
サブメニューに移動
メンズヘアカタログ ヘアスタイル用語集 サイトマップ

「メンズヘアスタイル」リスト 髪型」トップページ > メンズパーマ一覧(種類別) > ストレートパーマ(ストパー)
Sponsored Link

ストレートパーマとはどんなパーマ?

メンズストレートパーマ・ストパー

一般的なパーマは、パーマ液の効果で髪を変形可能な状態にして人工的にウェーブやカールを作ります。ストレートパーマとは、一般のパーマにおいて髪にクセを付ける際に、ウェーブを付けるのではなく、ストレートの直毛に変形させるものです。それ以外の手順ややり方は普通のパーマと全く同じです。
ストレートパーマは「ストパー」と略されることも多いです。

ストレートパーマは、パーマで作った人工的なウェーブやカールならほぼ完全に直毛にできますが、天然パーマなどの生まれつきのくせ毛に対しては効果が薄くなります。よってストレートパーマは、パーマでかけたウェーブやカールを取り除き、元の髪に戻す目的で行われることが大半です。

1.ストレートパーマと縮毛矯正の違い

縮毛矯正とストレートパーマの違い

ストレートパーマと縮毛矯正が同じものと誤解されることがあります。施術工程も似ていて、髪を直毛のストレート状態にするという目的は一緒ですが、この二つは全く別物です。
二つの違いは、ストレートパーマはパーマをかけた髪を元に戻すためのものであるのに対し、縮毛矯正は元々のくせ毛や天然パーマを直毛のストレートヘアにする為のものです。

ストレートパーマは、一般のパーマ(コールドパーマ)と同じくパーマ液だけでかけますが、縮毛矯正はパーマの施術過程で、矯正剤という薬剤も使用し、髪が乾燥状態の時にヘアアイロンで熱を加えることで毛髪内の結合を強化し、半永久的な直毛を作り出します。これに対しストレートパーマで作った直毛は、一般のパーマと同じく時間の経過とともにパーマが徐々に落ちてゆきます。

ストレートパーマも縮毛矯正も、今生えている髪を直毛にするもので、新たに生えてくる髪は元の髪質のままです。

2.自宅で自分で行うストレートパーマ

自分で自宅でストレートパーマ

自分でストレートパーマをかけられる商品が市販されています。
自宅で安く手軽にできるのがメリットです。デメリットとしては、美容室とは違う安いパーマ剤を使う分パーマのかかりや持ちが悪く、髪の痛みが大きくなりがちなことです。
決してストレートパーマがあたらない訳ではありません。こうしたデメリットも承知の上で行いましょう。安全にしっかりとキレイなストレートにしたいなら美容室やサロンを利用しましょう。

3.ストレートパーマのやり方・手順

ストレートパーマのおおまかな施術手順・やり方を示します。

  1. 整髪(カットやシャンプー) 
  2. 髪にパーマ液1剤(還元剤)を塗布
  3. 板などで髪をまっすぐの状態にする
  4. 1剤を洗い流す
  5. 髪にパーマ液2剤(酸化剤)塗布
  6. 2剤を洗い流しスタイリング・トリートメント

※他パーマの種類について知りたい場合は「メンズパーマ一覧(種類別)」をご覧ください。

Sponsored Link

4.ストレートパーマの種類と特徴

ストレートパーマは施術手順・やり方が一般のパーマと一緒なので、目立った特徴はありません。種類も基本的にパーマ液で施術するタイプのみです。お店によっては、使用する薬剤やトリートメント等の付加サービスを付けて分類したり独自の名称をつけている場合もありますが、中身に大差はありません。

メンズストレートパーマ・ストパー

【かけられる髪質、髪の長さ】
パーマ液を使って施術するので、髪の根元から毛先まで髪全体にかけることができ、髪の長さも5厘刈りなどの極端な短髪でなければ、ショートヘアや普通の短髪でも問題なくかけられます。痛みの酷い髪にはかけられません(かけても髪がブチブチと切れてしまいます)。
クセの強い髪、天然パーマには効果が薄く長持ちしません。

【髪の痛み・ダメージ】
一般のパーマと同様にそれなりに髪は痛みます。痛みの酷い髪にかけるのはおすすめできませんし、美容院でも断られるケースが多いです。毎日のお手入れやトリートメントは欠かさないようにしましょう。

【パーマの持ち】
一般のパーマと同じです。髪のくせの強さや美容師の技術、使用する薬剤の種類などでまちまちです。くせの強い髪なら1ヶ月持たないこともありますし、しっかりパーマがあたって毎日適切なケアを行なっていれば3ヶ月前後は持ちます。

【施術時間と値段】
ストレートパーマをかけるのにかかる時間は概ね2〜3時間程度です。値段は1万円前後のところが多く、安いところなら4〜5千円のところも。なお、髪が短いと値段を安くしてくれるところもあります。
2万円超など極端に値段が高い場合は特殊な技術や追加のサービスが含まれていることもあるので事前に確認しましょう。

【その他注意点など】
 パーマ直後はシャンプーをしない方が良いという話も聞きます。縮毛矯正の場合はそのとおりですが、ストレートパーマの場合はシャンプーをしても問題ありません。使用するパーマ剤によっては例外があるかもしれないので、美容師の指示に従いましょう。かけた際に確認するのが一番です。
 美容室やサロンを選ぶ時は、値段よりもお店の評判や美容師の技術を重視しましょう。安いから良くないとは限りません。パーマをよく利用する知人や口コミからの情報を参考にしましょう。

Sponsored Link

メンズパーマ「ストレートパーマ(ストパー) トップへ